治療をして、アルツハイマー病の進行を遅らせよう

病気の理解

きちんと病気を理解していく

アルツハイマーは根本的に治療することができない病気です。しかし進行を遅らせることは出来るのできちんと治療を受けていくことはとても大事です。 アルツハイマーの患者には異常なたんぱく質がたくさん付着していることがわかっています。当然年を取った方もこのたんぱく質の付着はみられるのですが、アルツハイマーの患者の場合は比較的若い年齢からこの症状が出てきます。このたんぱく質を迎える治療も少しずつ確立されてきているので、少しでもあやしい症状が出てくれば病院で診察を受けることが大事になってきます。 また症状はどんなものがあるのかは知っておくことが大事です。まず最近の出来事を忘れてきている場合は要注意になってきます。他にも道を忘れてしまったなど注意点は多いです。

どのように工夫していけばいいか

アルツハイマーは治療方法が確立されてないと言いますが、民間的なレベルでは有効だと思われている方法もあります。 インターネットで調べると食事療法などではいくつか効果的と思われる方法もあるようです。アルツハイマーの原因はいくつもあり、その中の1つだけに効果があっても効果が薄いです。 大事なのは食事をきちんと改善してジャンクフードを食べないようにすることです。また睡眠をきちんと摂ることも大事です。他にも運動も大事な要素だと言われています。腸内環境を整えたりココナッツオイルの摂取は非常にいいことと考えられています。 またアルツハイマーに効果のあると思われるサプリメントの摂取も非常にいい方法です。生活改善が非常に大事です。